名古屋大学機械理工学部専攻ロゴ

マシニング プラクティス

HOME > マシニング プラクティス

マシニング プラクティス

名大機械系オリジナルの2拠点活用体制

機械工学では、各種理論を中心とした教室での学習のみでは不十分で、実際のモノ造りプロセスとなる機械加工の実践(マシニング プラクティス)が欠かせません。 名大機械系では実践内容に応じて、工学研究科が運営する実験実習工場・装置開発ファクトリーと創造工学センターの2拠点を活用する充実した体制で、みなさんの自由な創造をカタチと機能に変える機会を提供しています。
2年次の実験実習工場・装置開発ファクトリー見学、3年次学生実験での機械加工体験を全員に体験していただく他、卒業研究や大学院研究で使う実験システムの構築、 また課外活動で大会に出場するマシンの製作などあらゆる場面でのサポートもします。
マシニング プラクティスイメージ

2年次実験実習工場・装置開発ファクトリー見学

2年次実験実習工場・装置開発ファクトリー見学 これまでも、これからも、モノ造りは工学の基盤技術です。 高度な研究装置を生み出しているモノ造り現場の最前線を見てみましょう。
2年次に進級直後、実験実習工場・装置開発ファクトリーを見学するファクトリーツアーに参加します。
■実験実習工場・装置開発ファクトリー主要設備
マシニングセンタ、ワイヤー放電加工機、CNC旋盤、NCフライス盤、 ほか

3年次機械加工体験

3年次機械加工体験 3年次機械加工体験 初めての旋盤やフライス盤の使用は緊張の連続ですが、作品が仕上がった時の感動は忘れられません。

※本体験履修者は創造工学センターのオープン利用のための資格取得講習会が免除され、すぐにオープン利用できます。

4年次機械加工体験

3年次機械加工体験 研究で使う各種実験装置や課外活動で使うシステムも製作できます。慣れている方は創造工学センターのオープン利用で自由な加工を、 よくわからない時はまず実験実習工場で技術的なカウンセリングを受けることができます。

もっと機械加工に取り組みたい方には

みなさんの機械加工実践をサポート
くわしくは創造工学センターHPでwww.cplaza.engg.nagoya-u.ac.jp
例) スターリングエンジンを知って、作って、確かめてみよう
   (毎年2月と9月開催)
マシニングセンタで加工したサッカーボール
スタッフからのメッセージ
スタッフからのメッセージ モノ造りの現場を知ると、工学部に入学して良かったと実感するはずです。まずは、実践拠点で会えるスタッフの顔を覚えてください。 メンバーは誰にも負けない専門分野や得意技術を持ったプロフェッショナルです。 全員でみなさんからのご相談をお待ちしております。
見えない自由な創造を、カタチに、機能に、変えるところです。 お問合わせ、アクセス
小規模な機械加工設備のオープン利用など 創造工学センター(IB電子情報館北棟10階) MAP
実験システムの試作など機械加工全般に関するご相談、ほか 実習工場受付 実験・実習工場2階
(北部生協西隣)
MAP
JUACEPバナー
▲ JUACEP 留学費用をサポート!
機械加工実習・体験バナー
東山会
名古屋大学
名古屋大学工学部・工学研究科
名古屋大学エコトピア化学研究所
名古屋大学夏期集中講座
名古屋大学G30
名古屋大学グローバルCOEプログラム

〒464-8603
名古屋市千種区不老町
名古屋大学工学研究科・工学部
工学部2号館343号室
mapボタン

TEL :052-789-3301
FAX :052-789-3111
Mail:mech@mech.nagoya-u.ac.jp